CUDADilation


範囲 r の正方形について img のモーフォロジー膨張を与える.


範囲 r の正方形について list のモーフォロジー膨張を与える.


範囲 r の正方形について mem のモーフォロジー膨張を与える.

詳細詳細

  • CUDALink パッケージがNeeds["CUDALink`"]でロードされていなければならない.
  • は二値,グレースケール,その他の画像に対して使える.
  • CUDAMemoryとリストに対して使える.
  • Dilation[image, r]に等しい.
  • 複数の画像チャンネルがあるときは,はそれぞれ別々に作用する.
  • 以下のオプションが与えられる:
  • "Device"AutomaticCUDA計算に使われるデバイス
    Padding"Fixed"境界で使われる値
    "OutputMemory"None出力が保管されるCUDAMemory

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (6)例 (6)

まず CUDALink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

細く暗い部分を取り除く:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

二値画像の膨張:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グレースケールの膨張:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

膨張は入力リストに対して最小値フィルタを適用するのに使える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//MatrixForm=

はグラフィックスオブジェクトに対しても使える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

CUDAMemoryを使うと,メモリ操作の量を減らすことで計算速度を上げることができる.メモリをCPUにロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

膨張操作を行う:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

メモリをCPUに戻す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

メモリは削除しなければならない:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »