CUDAFold


CUDAFoldList[f, x, list]の最後の要素を与える.

詳細詳細

  • CUDALink パッケージがNeeds["CUDALink`"]でロードされていなければならない.
  • はベクトルに対してのみ使用できる.
  • ,...等の定数ベクトル構造体型に対しては使えない.
  • は記号入力に対しては使えない.
  • Foldに等しい.
  • f の値にはMaxMinPlusMinusTimesのいずれかが使える.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

まず CUDALink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

Plus演算子を含み,初期値が0である入力リストをたたむ:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

上記はFoldに等しい:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

は入力CUDAMemoryの入力にも使える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

前述のものと同じようにCUDAMemoryをたたむ:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

出力型は入力型と同じであることに注意.入力がReal値のリストなら,出力も実数となる.

Foldと比較すると,でサポートされている操作は少しである:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »