CUDAFourier

CUDAFourier[list]
複素数のリストの離散フーリエ(Fourier)変換を求める.

CUDAFourier[mem]
CUDAMemoryの離散フーリエ変換を求める.

詳細詳細

  • CUDALink パッケージがNeeds["CUDALink`"]でロードされていなければならない.
  • は一,二,三次元のリストに対して使える.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

まず CUDALink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

ランダムな実数のリストを生成する:

In[2]:=
Click for copyable input

CUDAを使って一次元フーリエ変換を計算する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

結果は Mathematica のものと一致する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

は2次元データ集合にも使える.データ集合を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input

対数パワースペクトルを求める:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

は多次元データ集合にも使える.画像からデータを取得する:

In[1]:=
Click for copyable input

フーリエ演算を行う:

In[2]:=
Click for copyable input

結果の絶対値を示す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »