Jewish


ユダヤ暦で表す.

詳細詳細

  • を使うためには,まず暦パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["Calendar`"]を実行する必要がある.
  • Calendarオプションの値であり,CalendarChangeの引数として使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (5)例 (5)

In[1]:=
Click for copyable input

CalendarChangeの引数は西洋(グレゴリオ)暦とユダヤ暦の日付を変換する.グレゴリオ暦でのイスラエル独立の日付は1948年5月14日である:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ユダヤ暦では過越祭の前の月が閏月なので,Mathematica は過越祭の月であるニサンから番号を付ける:

In[3]:=
Click for copyable input

イスラエルの独立は5708年イヤール月5日に宣言された.

In[1]:=
Click for copyable input

Mathematica の番号付けでは,ユダヤ年の最初の月であるティシュリーの番号は7である:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[1]:=
Click for copyable input

定義では,ヨムキプールは金曜日にも日曜日にもならない:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[1]:=
Click for copyable input

ユダヤ暦には閏月があるため,日付は西洋暦の1か月分も異なることがある.イスラエルの独立記念日は,西洋暦とユダヤ暦とで大きく異なる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[1]:=
Click for copyable input

ユダヤ暦は19年周期に従う.西洋暦とユダヤ暦の記念日は19年ごとにほぼ正確に対応する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »