Equivalences


頂点次数により定義された,グラフ g とグラフ h の間の頂点の同値クラスをリストする.

Equivalences[g]
頂点次数により定義された,グラフ g に対する頂点の同値をリストする.

および
これらも同様に使用できる.ここで は他の頂点の不変量を計算する関数である.各関数 について,呼出し はグラフ g の頂点 v における対応する不変量を返すものと想定される.関数 は順に評価され,すべての関数が評価されたときか空の同値クラスが見付かったときに評価が終了する.DegreesOf2NeighborhoodNumberOf2PathsDistancesの3つの頂点不変量は Combinatorica の関数であり,同値を調整するために使用することができる.

詳細詳細

  • を使うためには,まず Combinatorica パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["Combinatorica`"]を実行する必要がある.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »