SetGraphOptions


オプション opts を設定して g を返す.


頂点 , , ...にはオプション を,グラフ g にはオプション を設定してグラフを返す.


, , ...について,上と同様に作用する.


オプション を列 の要素に,オプション を列 の要素にという風に設定して g を返す.

詳細詳細

  • を使うためには,まず Combinatorica パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["Combinatorica`"]を実行する必要がある.
  • ここで,要素は辺の列でも頂点の列でもよい.値OneあるいはAllを取るタグも.オプションの前の引数として渡すことができる.
  • タグのデフォルト値はAllであり,グラフが多重辺を持つ場合に便利である.これは,頂点のペアを連結するすべての辺が影響を受けるのか,1辺だけが影響を受けるのかを関数に指定する
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »