MicroscopicErrorPlot


a 付近での式 f の評価において,機械演算を使うことにより生じた誤差をプロットする.


ulpから ulpまでの誤差をプロットする.

詳細詳細

  • を使うためには,まずコンピュータ演算パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["ComputerArithmetic`"]を実行する必要がある.
  • 縦軸のスケールは誤差をulpsで表したものである.
  • 次のオプションを使うことができる:
  • JoinedTrue点をつなぐかどうか
  • Joinedに有効な設定はTrueFalseRealである.
  • 設定Joined->Realでは,プロット点をつなぐ線は実数集合から機械数出力の誤差までのマップを表す.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »