Ulp

Ulp[x]
x 付近の数値に対するulpの大きさを与える.

詳細詳細

  • を使うためには,まずコンピュータ演算パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["ComputerArithmetic`"]を実行する必要がある.
  • 2つの連続した機械数の差分はulpと呼ばれる.これは「unit in the last place(最後の場所での単位)」を表す.
  • ulpの大きさは機械数集合のどれであるかにより異なる.例えば1と2の間ではulpは$MachineEpsilonと等しく,2と4の間ではulpは2$MachineEpsilonに等しい.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »