OpenSQLConnection

OpenSQLConnection[src]
データソースへの接続を作成する.

OpenSQLConnection[]
データソースへの接続の作成を補助するGUIを開く.

詳細詳細

  • OpenSQLConnectionを使うためには,まずNeeds["DatabaseLink`"]を使って DatabaseLink をロードする必要がある.
  • 使用可能なオプション
  • "Description"""接続についてのテキストによる記述
    "Location"""接続を定義しているファイルの場所
    "Name"""接続名
    "Password"""接続に使用するパスワード
    "RelativePath"False接続データが相対パスを含んでいるかどうか
    "Timeout"Noneクエリのタイムアウト
    "Username"""接続に使用するユーザ名
    "Version"None設定ファイルのバージョン
    "Catalog"Automaticデータベースカタログの場所
    "ReadOnly"Automatic接続を読取り専用に設定する
    "TransactionIsolationLevel"Automatic接続にトランザクション分離を設定する

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

In[1]:=
Click for copyable input

このセクションの例を実際に試してみて,記載の通りに動作しなかった場合は,データベースの例の使用で述べているようにパッケージを使ってデータベースをインストールするか,もとの状態に戻す必要がある可能性がある.

接続を開始する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

JDBCを使う:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input

GUIを開く:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
In[6]:=
Click for copyable input

このセクションの例を実際に試してみて,記載の通りに動作しなかった場合は,データベースの例の使用で述べているようにパッケージを使ってデータベースをインストールするか,もとの状態に戻す必要がある可能性がある.

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »