DATABASELINK チュートリアル

Mathematica スタイルのクエリとSQLスタイルのクエリの比較

DatabaseLink にはデータ操作のために,Mathematica に詳しい方向けのコマンドと,SQLに詳しい方向けのコマンドの2種類のコマンドが用意されている.Mathematica スタイルのコマンドには,SQLの知識はあまり必要ない.しかし,Mathematica コマンドでは完全にカバーしきれないため,より高度なクエリについてはSQLスタイルのコマンドの使用が望まれることもある.SQLの知識がある場合も,SQLスタイルのコマンドの方がよいであろう.

Mathematica スタイルのクエリ

DatabaseLink では,Mathematica スタイルのクエリのための関数が数多く用意されている.

    最初の6つの関数は,データベースとインタラクトするための関数である.SQLMemberQSQLStringMatchQは,クエリのデータを条件付でテストするためのものである.

SQLスタイルのクエリ

DatabaseLink はSQL文をそのまま含むデータベースを扱うことができる.これはすでにSQLに関する知識がある場合に便利である.このような文はデータの選択,表の作成,データの挿入,データの更新,データの削除,表の削除に使える.一般に,これらの文はコマンドSQLExecuteに渡される.SQLExecuteで使用する文は,すべての引数を含むことのできる文字列である.しかし引数を別々に与えて準備文にすることもできる.SQLExecuteは,「パフォーマンス:バッチ操作」に記載のように,異なる引数を用いて準備文のバッチでの実行に使用することもできる.

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »