DATABASELINK チュートリアル

表の削除

SQLDropTableはデータベースから表を削除する.これは,「生SQLを使った表の削除」に記載のように,SQLコマンドをそのまま使ってもできる.

このチュートリアルの例を実際に試してみて,記載の通りに動作しなかった場合は,「データベースの例の使用」で述べているようにパッケージを使ってデータベースをもとの状態に戻す必要があるかもしれない.

SQLDropTableの結果はクエリの影響を受ける行数を示す整数となる.

SQLDropTable[table]データベースから表を削除する

データベースからの表の削除

以下に表の削除の例を示す.DatabaseLink をロードし,demoデータベースに接続する.

In[1]:=
Click for copyable input

新しい表TESTを作成し,データを挿入する.

In[3]:=
Click for copyable input

表を削除する.

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

SQLTableNamesを使ってデータベースから表が削除されたことを確認する.

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

SQLDropTableにはオプションが1つ使える.

オプション名
デフォルト値
"Timeout"Automaticクエリのタイムアウトを設定する

SQLDropTableのオプション

オプションを使うと,実行に時間がかかりすぎるクエリをキャンセルすることができる.

接続を閉じる.

In[7]:=
Click for copyable input
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »