DATABASELINK チュートリアル

DatabaseLink 入門

背景

データの保管,索引付け,取出しは,行政機関,銀行,病院,図書館等多くの組織において長い間重要な課題であった.人間社会が複雑になるに従って,データ管理に要求されるものも増加してきた.データが表すものの複雑さや,データベースがどのように使われるかについて,あるいは莫大な量のデータにおいても,さまざまな新しい課題がある.近代的なの電子計算機が20世紀後半に開発されて以来,RDBMS(Relational Database Management Systems,リレーショナルデータベース管理システム)やSQL(Structured Query Language,構造化照会言語)等のツールは,種々の組織においてデータの管理に広く使われる標準となっている.

一般に,組織においてはさまざまなユーザがデータ管理システムにアクセスする必要があるため,多くのデータベースアプリケーションがサーバベースとなる.これらのアプリケーションは,Webサーバ,Webサービス,異種混合のリモートコンピューティングアーキテクチャ等,エンタープライズテクノロジーと呼ばれる他のサーバベースの技術と組み合せることができる.

現在では,多種のデータベースシステムが存在している.これらは,大規模で高額な高性能商用アプリケーションから,Microsoft WindowsやLinux等のオペレーティングシステムを搭載した個人用コンピュータで無料で使えるオープンソースツールまで,多岐に渡る.

DatabaseLinkMathematica のアプリケーションで,Mathematica とデータベース管理システムが統合できる便利なツール一式を含んでいる.

Mathematica データベースアプリケーション

Mathematica とデータベースシステムを統合すると,数多くの重要な利点が生まれる.

Mathematica には,数値・記号計算のための膨大な数の関数がある.これらの関数は,データベースから取り出したデータに適用できる.計算の後,結果をデータベースアプリケーションに保管し,後で Mathematica で使用することもできる.Mathematica は統計処理,モデル化,最適設定の計算にも使用できる.通常,このような計算はデータを必要とし,データを生成するが,これらのデータがデータベースアプリケーションに保管できるので便利である.

データベースアプリケーションは他の多くのタイプのアプリケーションと統合でき,これにより重要な相互運用性が生まれる.あるアプリケーションで作成されたデータをデータベースに保存し,その要素を Mathematica で取り出して計算に使用し,結果をデータベースに保管することができる.最後に,その結果を他のアプリケーションで抽出し,また別の目的に使うことも可能である.中央のデータベースアプリケーションは,この計算ネットワークのハブとなる.DatabaseLink を使うと,そのデータベースアプリケーションと Mathematica とのインタラクトが可能になる.

DatabaseLink の機能

  • 接続性-ほとんどの標準SQLデータベースアプリケーションと,ローカルもしくはネットワークベース(異機種のコンピュータも含む)のデータベースで使用可能.
  • ドライバの提供-MySQL,PostgreSQL,ODBC (Open Database Connectivity),HSQLDB (HSQL Database Engine)を含む,数々の重要なデータベースのドライバの組込みサポート.
  • HSQLデータベースエンジン(HSQLDB)-データベースがない場合に,データベースアプリケーションに使用するのに有用な軽量データベース.
  • SQLコマンドインターフェース-新しいシステムについて学ばなくても,SQLの知識が活かせる.
  • Mathematica コマンドインターフェース-Mathematica プログラミングに詳しい場合に便利.
  • GUIインターフェース-データベースへの接続開始とデータベースのクエリに便利なツール,Database ExplorerおよびConnection Tool.
  • データとメタデータへのアクセス-表と列の名前および各項目のデータの調査が可能.
  • 設定の変更可能-一般的なタスクを簡単化し,Mathematica アプリケーションをデータベース情報に加えることが可能.
  • バッチのサポート-データベースに繰り返し変更を加える際に効率的.
  • データ型のサポート-数値,文字列,バイナリデータ,日付と時間等の標準SQLデータ型,Mathematica 式が使用可能.
  • 高度な機能のサポート-複数同時接続と複数同時トランザクション(ロールバックとセーブポイントを含む)等.
  • SSL (Secure Socket Layer)のサポート - データベースとの通信のセキュリティ.

DatabaseLink の技術

DatabaseLink は,一般に使われているJDBC(Javaデータベース接続)技術java.sun.com/products/jdbcに基づいている.このパッケージはMathematica JavaツールキットJ/Link (www.wolfram.com/solutions/mathlink/jlink)を広く使用するが,Javaプログラミングの必要はない.Database ExplorerはMathematica のグラフィカルユーザインターフェースツールキットGUIKit www.wolfram.com/solutions/guikitを使う.

DatabaseLink には種々のデータベースのドライバが付属している.お使いのデータベースのドライバが含まれていない場合は,「データベース接続:JDBC接続」に記載のように,専用のドライバがインストールできる.

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »