DATABASELINK チュートリアル

生SQLを使った表の削除

生SQLコマンドDROP TABLEは,データベースから表を削除するときに使う.これは「表の削除」に記載のように,Mathematica コマンドSQLDropTableでもできる.

このチュートリアルの例を実際に試してみて,記載の通りに動作しなかった場合は,「データベースの例の使用」で述べているようにパッケージを使ってデータベースをもとの状態に戻す必要があるかもしれない.

表を削除する際,エラーが生じるとSQLExecuteの結果は$Failedとなる.

以下に表を削除する例を示す.DatabaseLink をロードし,demoデータベースに接続する.

In[1]:=
Click for copyable input

簡単な表を作って2行挿入する.

In[3]:=
Click for copyable input
Out[5]=

表TESTを削除するSQL文を実行する.

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

データベースに表TESTが残っていないことを確認する.

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

接続を閉じます.

In[8]:=
Click for copyable input

他の表から参照されている表を削除することはでないので注意されたい.

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »