DATABASELINK チュートリアル

データ型

このチュートリアルではデータ型についての情報の取り出し方について述べる.表を作ったら,そのデータ型を参照する必要がある.

このチュートリアルの例を実際に試してみて,記載の通りに動作しなかった場合は,「データベースの例の使用」で述べているようにパッケージを使ってデータベースをもとの状態に戻す必要があるかもしれない.

SQLDataTypeNames[conn]データソース内のすべてのデータ型名をリストする
SQLDataTypeInformation[conn]データソース内のすべてのデータ型情報をリストする

データ型についての情報を取り出す関数

DatabaseLink をロードし,demoデータベースに接続する.

In[1]:=
Click for copyable input

SQLDataTypeNamesは,データベース内のデータ型名のリストを返す.

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

SQLDataTypeInformationはデータ型についてのより詳しい情報を返す.

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]//TableForm=

SQLDataTypeInformationにはというオプションが1つ適用できる.これを指定すると,列見出しが返される.

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]//TableForm=

接続を閉じる.

In[6]:=
Click for copyable input

データ型を扱う際のより詳しい情報は「データ型マッピング」に記載されている.

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »