InitializeGenerator


EquationTrekkerに呼び出されたときにトレックジェネレータ を返す.data の特定の形式は,トレックジェネレータ gen に依存する.


独立変数を使わないトレックジェネレータを返す.

詳細詳細

  • を使うためには,まずEquationTrekkerパッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["EquationTrekker`"]を実行する必要がある.
  • EquationTrekker[problem, dvars, {t, tmin, tmax}, TrekGenerator->{gen, subopts}]を呼び出し,ジェネレータ gen を初期化する.
  • gen が独立変数を使わない場合はEquationTrekker[problem, dvars, None, TrekGenerator->{gen, subopts}]を使わなければならない.この場合,EquationTrekkerを呼び出す.
  • 新しいジェネレータ newgen は付加的な定義を与えることで生成することができる.また,関数 DownValuesに対する次の定義を与える必要がある:
  • newgen[data]["Variables"[]]変数のリスト
    newgen[data]["Display"[]]表示する問題の記述
    newgen[data]["DisplayMode"[]]表示モード.のいずれか
    newgen[data]["FormatTrek"[t0,dvars0,{tmin,tmax}]]TrekDataにタグを付けるために使われる情報
    newgen[data]["ChangeParameters"[prules]]新しいパラメータにより変更されたデータを使ったジェネレータ
    newgen[data]["GenerateTrek"[dvars0,{t0,tmin,tmax}]]プロットするデータ点のリスト.初期値は により与えられる
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »