PoincareSection


オプションTrekGeneratorの設定であり,トレックを作成するために微分方程式に対するポアンカレ断面を使うよう指定する.

詳細詳細

  • を使うためには,まずEquationTrekkerパッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["EquationTrekker`"]を実行する必要がある.
  • TrekGenerator->{PoincareSection, method->value, ...}のときに可能なメソッドオプションは次の通りである:
  • "SectionCondition"Noneいつ断面変数を表示するか
    "SectionVariables"Noneプロットする変数
    "FilterFunction"Noneプロットの前に変数に適用する関数
  • NDSolveに特定のオプションをメソッドオプションとして含んでもよい.
  • メソッドオプションNone以外の値を持たなければならない.
  • メソッドオプション"SectionCondition"->cond では,cond==0のときは常に断面変数をプロットする.
  • メソッドオプションの設定は従属変数2つのリストでなければならない.微分方程式が二階以上であれば,従属変数の導関数も選ばれることがある.
  • "FilterFunction"->f では f に与えられる引数はプロットされるべき座標のリストである.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

In[1]:=
Click for copyable input

ダッフィング方程式によって生成されたトレックの例である:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

同じ方程式のポアンカレ断面を生成する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »