NDTFourierTransform


数値 で評価された expr の離散時間フーリエ変換の数値近似を返す.ここで exprn の関数である.

詳細詳細

  • を使うためには,まずフーリエ級数パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["FourierSeries`"]を実行する必要がある.
  • expr の離散時間フーリエ変換の数値近似は,デフォルトでNSum[expr -n, {n, -∞, ∞}]となっている.
  • 異なる離散時間フーリエ変換の定義は,オプションFourierParametersを使って指定することができる.
  • FourierParameters->{a, b}という設定では,で計算される離散時間フーリエ変換は NSum[expr -bn, {n, -∞, ∞}]である.
  • 設定FourierParameters->{a, b}のパラメータ b は数値でなければならない.
  • はオプションFourierParametersの他,NSumで使用できるオプションを取ることができる.これらのオプションは直接NSumに渡される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

In[1]:=
Click for copyable input

離散時間フーリエ変換の数値近似に対する異なる定義:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

FourierSequenceTransformを使った記号評価からの解と比較する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »