NFourierTrigSeries


三角関数を使った exprn 次フーリエ級数展開の数値近似を返す.ここで expr は周期t の周期関数である.

詳細詳細

  • を使うためには,まずフーリエ級数パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["FourierSeries`"]を実行する必要がある.
  • 三角関数を使った exprn 次フーリエ級数展開の数値近似は,デフォルトでc0+ckCos[k t]+dk Sin[k t]となっている.
  • 係数 NIntegrate[expr Cos[k t], {t, -, }]と,係数 NIntegrate[expr Sin[k t], {t, -, }]と定義されている.
  • expr の異なる周期は,オプションFourierParametersを使って指定することができる.
  • FourierParameters->{a, b}という設定では,expr は周期を持つものと想定され,で計算される三角関数を使った n 次フーリエ級数展開は,(+ck Cos[2 b k t]+dk Sin[2 b k t])である.ここで係数 NIntegrate[expr Cos[b k t], {t, -, }]と,係数 NIntegrate[expr Sin[b k t], {t, -, }]と定義されている.
  • 設定FourierParameters->{a, b}のパラメータ b は数値でなければならない.
  • はオプションFourierParametersの他,NIntegrateで使用できるオプションを取ることもできる.これらのオプションは直接NIntegrateに渡される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

In[1]:=
Click for copyable input

三角関数を使ったフーリエ級数に対する数値近似:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

もとの周期関数のプロットと比較する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »