GeneralMiniMaxApproximation


から の区間上の t の関数として生成された,x 座標と y 座標がそれぞれ である曲線へのミニマックス近似を返す,分子の次数が m,分母の次数が n である x の有理多項式関数を見付ける.


approx から反復アルゴリズムを始めて,ミニマックス近似を見付ける.

詳細詳細

  • を使うためには,まず関数近似パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["FunctionApproximations`"]を実行する必要がある.
  • はデフォルトで,近似と expr の間の相対誤差の最大値を最小化する.
  • g の因数を使って誤差を計算する.この場合,によって返されるミニマックス近似は,数量 の最大値を最小化する有理関数 である.
  • を返す.abscissa は相対誤差が極大値となるような横座標のリスト,approximation は有理近似,maxerror は相対誤差の最大値である.
  • 近似がの第2引数として与えられる場合,それはで返される結果と同じ形式でなければならない.
  • 次のオプションを使うことができる:
  • Bias0自動的に選ぶ補間点のバイアス
    Brake{5,5}反復アルゴリズムに適用するブレーキ
    DerivativesAutomatic導関数に用いる関数
    MaxIterations20使用する反復の最大回数
    PlotFlagFalse相対誤差をプロットするか否か
    PrintFlagFalse状況情報を出力するか否か
    WorkingPrecisionMachinePrecision内部計算で使用する精度
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »