InterpolateRoot


x の最初の2つの値として を使い,方程式 の数値解を求める.

詳細詳細

  • を使うためには,まず関数近似パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["FunctionApproximations`"]を実行する必要がある.
  • は形式 の規則として解を与える.
  • は方程式 expr==0の根を探索する.
  • は最後の4つのデータ点の逆3次補間を使い,解を探索する.これは導関数情報を使わない.
  • 解が重根のとき,は非常に遅い.
  • FindRootほどロバストではない.しかし,根の位置がおおよそ分かっており,関数の各評価が高価で,高精度が望まれる場合には便利である.
  • 方程式と初期値が実数ならば,は実根のみを探す.そうでない場合は複素根を探す.
  • 次のオプションを与えることができる:
  • AccuracyGoalAutomatic目標確度
    MaxIterations15使用する反復の最大回数
    ShowProgressFalse進行状況を監視するかどうか
    WorkingPrecision40内部計算で使用する精度
  • AccuracyGoalの設定とは,根での残余の大きさではなく根の確度を言う.
  • 内部計算で使用される精度の範囲は通常,初めは機械精度より少し高めで,最後はWorkingPrecisionの設定となる.
  • WorkingPrecisionの設定は所望のAccuracyGoalに達するために超過してもよい.
  • MaxIterationsステップ内に所望の確度での解を見付けられなかった場合,最後に見付かった近似を返す.
  • ShowProgress->Trueでは,に続きを出力する.以下を参照:
  • accuracy現在の解の近似の推定確度
    x現在の解の近似
    precision現在の作業精度
    extraprecision使用されている精度の追加桁数
    delta次の反復での近似の予想される変更
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »