OrderStarInterpolation


OrderStarPlotのオプションのひとつであり,関数の近似の補間点を表示するかどうかを指定する.

詳細詳細

  • を使うためには,まず関数近似パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["FunctionApproximations`"]を実行する必要がある.
  • 有効な設定はTrueFalse,点のリストのいずれかである.デフォルト設定はFalseである.
  • 設定OrderStarInterpolation->Trueでは,OrderStarPlotNSolveを使って近似が関数と一致する点を見付ける.
  • NSolveがすべての補間点を見付けられない場合もある.Trueの代りに点のリストを与えることにより,NSolveが見付ける補間点に加え,これらの点も表示される.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »