RationalInterpolation


分子の次数が m,分母の次数が n である expr の有理補間を返す.ここで は補間点の横座標である.


区間 から 上で自動的に選ばれた補間点で有理補間する.

詳細詳細

  • を使うためには,まず関数近似パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["FunctionApproximations`"]を実行する必要がある.
  • 次のオプションを使うことができる:
  • WorkingPrecisionMachinePrecision内部計算で使用する精度
    Bias0自動的に選ぶ補間点のバイアス
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »