ToAuthalicRadius

バージョン7.0現在で,の名前がに変わり,GeodesyDataのプロパティとなっている.


authalic球体の半径を,長半径 semimajor と離心率 eccentricity を持つ回転楕円体に基づいて計算する.

詳細詳細

  • を使うためには,まず測地学パッケージ をロードしなくてはならない.それにはを実行する必要がある.
  • 回転楕円体から球体への変換には,authalic球体を用いるのが最も簡単である.
  • authalic球体は基準の回転楕円体と同じ表面積を持つ.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »