TruncateDendrogram


DendrogramPlotのオプションであり,どの融合レベルで樹形図を切り捨てるかを指定する.

詳細詳細

  • を使うためには,まず階層的クラスタリングパッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["HierarchicalClustering`"]を実行する必要がある.
  • 有効な設定はAll,正の整数,2つの正の整数のリストのいずれかである.整数はクラスタの数より多くてはならない.デフォルト設定のAllでは,切捨ては行われない.
  • 設定TruncateDendrogram->n では,n 枚の葉が残るように,最小の融合レベルでクラスタを切り捨てる.
  • 設定では m から n までの融合レベルだけを表示する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

In[1]:=
Click for copyable input

4つの葉が残るように切り取られた樹形図:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »