HYPOTHESIS TESTING パッケージ シンボル

EqualVariances


統計的信頼区間および2標本の仮説検定関数のオプションであり,未知の母分散が等しいと指定する.

詳細詳細

  • を使うためには,まず仮説検定パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["HypothesisTesting`"]を実行する必要がある.
  • は信頼区間,および2つのリストの仮説検定関数のオプションである.
  • デフォルト設定のEqualVariances->Falseでは,分散が既知であると指定されていない場合,2つの標本から個別に推定される.
  • EqualVariances->Trueでは,分散が既知であると指定されていない場合,両方の母集団に対して,合併した共通の分散推定量が使われる.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »