MeanDifferenceCI


から推定されるの母平均の差分に対する信頼区間を返す.

詳細詳細

  • を使うためには,まず仮説検定パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["HypothesisTesting`"]を実行する必要がある.
  • Mean[list1]-Mean[list2]を中心とする信頼区間を返す.
  • は,母分散が既知とされる場合は正規分布に基づく.
  • 2つの母集団の分散が等分散で未知であるとされる場合,信頼区間は自由度Length[list1]+Length[list2]-2のスチューデントの 分布に基づく.
  • 母分散が既知であるとも等分散であるとも想定されない場合,自由度に対してウェルチ(Welch)の近似法が使われる.
  • 次のオプションを使うことができる:
  • ConfidenceLevel0.95信頼区間に関連付けられた確率
    EqualVariancesFalse未知の母分散が等分散と想定するかどうか
    KnownVarianceNone各母集団の分散のリスト
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »