MultivariateTDistribution

バージョン8から,MultivariateTDistributionは組込みの Mathematica カーネルの一部になった.


スケール行列,自由度パラメータ m の多変量スチューデントの 分布を表す.


位置 ,スケール行列,自由度 m の多変量スチューデントの 分布を表す.

詳細詳細

  • を使うためには,まず多変量統計パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["MultivariateStatistics`"]を実行する必要がある.
  • 多変量 t 分布のベクトル x の確率密度は(1+(x-).-1.(x-)/m)-(m+Length[])/2 に比例する.
  • スケール行列は実数値の任意の対称正定行列である.
  • 指定された位置 では, は任意の実数ベクトル,p=Length[]である任意の対称正定値p×p 行列を取ることができる.
  • 多変量のスチューデントの t 分布は,各変量間の共分散に対する,多変量正規分布の比を明確にする.
  • MeanCDFRandomReal等の関数で使うことができる.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »