SpearmanRankCorrelation

バージョン9.0で,SpearmanRhoと改名され,組込みの Mathematica カーネルの一部になった.


実数値ベクトル xlistylist に対するスピアマン(Spearman)の順位相関係数 を返す.

詳細詳細

  • を使うためには,まず多変量統計パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["MultivariateStatistics`"]を実行する必要がある.
  • スピアマンの順位相関係数は,2つのリストの間の順位差に基づく関連性の測定である.
  • スピアマンの で与えられる.ここで n=Length[xlist]であり, の間の順位差,xlist の同順位の修正項,ylist の同順位の修正項である.
  • 引数 xlistylist は同じ長さの任意の実数値ベクトルである.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

In[1]:=
Click for copyable input

2つのベクトルに対するスピアマンの順位相関:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »