TemperedChromatic


平均律に対応する音程リストである.

詳細詳細

  • を使うためには,まずミュージックパッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["Music`"]を実行する必要がある.
  • 音程はセントで測定される.
  • MusicScale[TemperedChromatic, freq, dur]は平均律に対応するピッチの列であるSoundオブジェクトを生成する.
  • は,1オクターブが12等分された音程リストを返す.
  • 各部分は調律された半音(100セント)である.
  • これは12個の5度音で7オクターブにするということと同じである.したがって,1つの5度音は700セントに等しい.純正律とピタゴラス音律の5度音は702セントで,中全音律の5度音は696.6セントである.
  • このプロセスではピッチ間隔が等しくなることが保証され,音程がすべてのキーで等しくなる.
  • しかし,オクターブを除いて,どの音程も数学的比率,および文字列の比例する長さから開発されたピタゴラスの論理の点では調和していない.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »