LoadNETAssembly

LoadNETAssembly[assembly]
指定されたアセンブリを.NETランタイムにロードし,そのアセンブリを識別するために使用できる NETAssembly 式を返す.

LoadNETAssembly["directory"]
特定のディレクトリ内のアセンブリをすべてロードし,NETAssembly式のリストを返す.

LoadNETAssembly["context`"]
特定のコンテキストに対応するメインアプリケーションディレクトリの"assembly"サブディレクトリ内のアセンブリをすべてロードする.

LoadNETAssembly["name", "directory"]
可能であれば,特定のディレクトリから指名されたアセンブリをロードする.

LoadNETAssembly["name", "context`"]
可能であれば,特定のコンテキストに対応するメインアプリケーションディレクトリの"assembly" サブディレクトリから指名されたアセンブリをロードする.

詳細詳細

  • LoadNETAssemblyを使うためには,まず.NET/Link をロードしなくてはならない.それにはを実行する必要がある.
  • assembly 引数は,"System.Web"のような単純名でも,"System.Web, Version=1.0.5000.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a"のような完全名でも,アセンブリファイル自体へのパスあるいはURLでもよい.
  • すでにロードされたアセンブリにLoadNETAssemblyを何度も呼び出してもすぐに返る.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »