LoadNETType

LoadNETType["type"]
指定された型を.NETランタイムにロードし,その型を識別するのに使用できるNETType式を返す.

LoadNETType["type", assembly]
特定のアセンブリから型をロードする.

詳細詳細

  • LoadNETTypeを使うためには,まず.NET/Link をロードしなくてはならない.それにはを実行する必要がある.
  • LoadNETTypeは,.NETで定義されるクラス,インターフェース,ストラクト(値の型),列挙,代表のうち,いずれの型でもロードすることができる.型が定義されるアセンブリは, LoadNETAssemblyを使って事前にロードしておかなければならない.
  • 以下のオプションを与えることができる:
  • StaticsVisibleFalse静的なメソッドとフィールドを特別のコンテキストではなく,その名前だけでアクセスできるようにする
    AllowShortContextTrue静的なメソッドとフィールドをその完全な階層ネームスペース名を正確に映し出すコンテキストでのみアクセスできるようにする
  • assembly 引数は,アセンブリ名,NETAssembly式,.NET Assemblyオブジェクト,アセンブリファイルへのパスあるいはURLのいずれでもよい.アセンブリ名の場合は,アセンブリはすでにロードされていなければならない.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »