MakeNETObject

MakeNETObject[expr]
特定の Mathematica 式を表す.NETオブジェクトを構築する.

MakeNETObject[expr, type]
expr から指定された型のオブジェクトを作成する.

詳細詳細

  • MakeNETObjectを使うためには,まず.NET/Link をロードしなくてはならない.それにはを実行する必要がある.
  • MakeNETObjectは,数字,True/False,文字列,3層までのこれらのリストを受け入れる.
  • これは,NETNewを呼び出すためのショートカットであり,配列オブジェクトを単独の呼出しで作成し初期化することができるので,特に配列に対して便利である.
  • type の引数を使って非標準の型を強制するとよい.
  • 例えば,MakeNETObject[{1, 2, 3}]int (type System.Int32[])の配列を作成する.Int16の配列が必要な場合は,MakeNETObject[{1, 2, 3}, "System.Int16[]"]を使うとよい.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »