NewtonCotesError


a から b の区間における関数 f に対する基本的な n 点ニュートン・コーツ求積公式の誤差を返す.

詳細詳細

  • を使うためには,まず微分方程式の数値解析パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["NumericalDifferentialEquationAnalysis`"]を実行する必要がある.
  • 関数 f は純関数,またはSetSetDelayedを使って定義された指定された関数でもよい.
  • 誤差は,関数 f の第 導関数を掛け合せた nab の関数として与えられる.誤差の大きさは a から b の区間上のこの式の最大値により制限される.
  • 横座標は区間の終端点 a および b を含むことも含まないこともある.終端点を横座標に含むかどうかを制御するためにはQuadratureTypeを使う.
  • デフォルト設定のQuadratureType->Closedでは,終端点は横座標として含まれる.
  • 設定QuadratureType->Openでは,終端点は横座標には含まれない.この場合,最初の横座標は,小さい方の終端点の半ステップ上に選ばれる.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »