OpenCLImplicitRender3D


陰曲面 poly=0のレイトレーシングを,半径 r の境界となる球面を持つ vars の関数として行う.

詳細詳細

  • OpenCLLink アプリケーションは,Needs["OpenCLLink"]を使ってロードしなければならない.
  • ContourPlot3Dに似ている.
  • の形式はであり,これはパラメータ を制御する.
  • PerformanceGoalあるいはに設定することができる.
  • は,という形式のリストである.cameraPos は円筒座標で,lightPos は直交(デカルト)座標で与えられる.パラメータ は単一の実数である.
  • 使用できるオプション:
  • AspectRatio1.出力の縦横比
    ImageSize256出力の幅
    PerformanceGoalAutomaticターゲットレンダリングの性能
    "Device"AutomaticOpenCL計算が行われるデバイス
    "Floor"Falseレンダリングで床面を有効または無効にする
    "FloorPosition"-5.床面の位置
    "Platform"AutomaticOpenCL計算が行われるプラットフォーム
    "Precision"0.01ヒットであると見なされる曲面と光線の間のイプシロン距離
    "Shadows"True影のレイトレーシング機能を有効または無効にする
    "SingleFrame"False1フレームのレンダリングだけを表示する
    "SingleFrameParameters"Noneカメラの位置,フラクタルパラメータ,光の位置を含むリスト
    "SliderParameters"{-20., 20., 0.}自由変数 のスライダパラメータ
    "TargetPrecision""Single"計算に使用する精度
    "BlockSize"128起動ブロックサイズ

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (8)例 (8)

まず OpenCLLink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

tangle surface(絡みの曲面)をレンダリングする:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

バルト(Barth)の六次曲面をレンダリングする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

より高度な精度でクラインの壷をレンダリングする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

bifolia surface(二葉の曲面)をレンダリングする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ボーイの曲面をレンダリングする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

のパラメータは変更することができる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ハート形の曲面をレンダリングする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

kiss surface(キス形の曲面)をレンダリングする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »