OpenCLMemoryAllocate


t の新しい一次元リストを割り当て,OpenCLMemoryを返す.


t の次元の新しいリストを割り当て,OpenCLMemoryを返す.

詳細詳細

  • OpenCLLink アプリケーションは,Needs["OpenCLLink`"]を使ってロードしなければならない.
  • 有効なの型:
  • IntegerRealComplex
    "Byte""Bit16""Integer"
    "Byte[2]""Bit16[2]""Integer32[2]"
    "Byte[4]""Bit16[4]""Integer32[4]"
    "Byte[8]""Bit16[8]""Integer32[8]"
    "Byte[16]""Bit16[16]""Integer32[16]"
    "UnsignedByte""UnsignedBit16""Float"
    "UnsignedByte[2]""UnsignedBit16[2]""Float[2]"
    "UnsignedByte[4]""UnsignedBit16[4]""Float[4]"
    "UnsignedByte[8]""UnsignedBit16[8]""Float[8]"
    "UnsignedByte[16]""UnsignedBit16[16]""Float[16]"
    "Double""Double[2]""Double[4]"
    "Double[8]""Double[16]"
  • OpenCLMemoryは,OpenCLMemoryInformationを使って問合せを行うことができる.
  • OpenCLMemoryは,OpenCLMemoryGetを使って取り込まれる.
  • OpenCLMemoryは,OpenCLMemoryUnloadを使ってアンロードされる.
  • は,出力メモリ等に書き込むためにメモリが割り当てられなければならない場合に使われる.
  • 使用できるオプション:
  • "Device"Automatic計算に使用するOpenCLデバイス
    "Platform"Automatic計算に使用するOpenCLプラットフォーム
    "TargetPrecision"Automatic計算に使用する精度

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

まず OpenCLLink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

メモリを割り当て,これを OpenCLLink メモリマネージャを使って登録する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

階数3のテンソルを OpenCLLink メモリマネージャに割り当てる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

割り当てられたメモリについての情報を返す:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

を使う場合,あるいはのいずれであれ,これはOpenCL デバイスに基づく:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

この場合,システムは倍精度をサポートする.これはオプションを使って無効にすることができる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »