CompositeBezier

バージョン7.0現在で,スプラインパッケージの機能のいくつかが Mathematica カーネルに組み込まれている.


SplineSplineFitにより生成されるスプラインのタイプを指定する設定である.

詳細詳細

  • を使うためには,まずスプラインパッケージ をロードしなくてはならない.それにはを実行する必要がある.
  • 合成ベジェスプラインは,連続の一連の三次ベジェ曲線で構成される.これは補間する点と制御点が交互になっている.
  • 与えられた点の数が偶数ならば,最後の点が補間点,最後から2つ目の点が最後の部分の制御点となるよう最後の2つの点が入れ替わる.奇数個の場合は,最後の頂点が2倍になる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

In[1]:=
Click for copyable input

合成ベジェスプラインは点のうちのいくつか(すべてではない)を通過する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »