Spline

バージョン7.0現在で,スプラインパッケージの機能のいくつかが Mathematica カーネルに組み込まれている.


を通過する(あるいはこれらの点で制御される)タイプ type のスプラインを表す2Dグラフィックスプリミティブである.

詳細詳細

  • を使うためには,まずスプラインパッケージ をロードしなくてはならない.それにはを実行する必要がある.
  • type に可能な設定は次の通りである:
  • Cubic三次スプライン
    Bezierベジェ(Bézier)スプライン
    CompositeBezier合成ベジェスプライン
  • Graphics式の他のグラフィックスプリミティブとともに使うこともできる.
  • は形式のスプライン式を生成する.ここでcontrol は完全にスプラインを記述する情報である.
  • control の情報は,使用されるスプラインの種類によって異なる.
  • 次のオプションを使うことができる:
  • SplinePoints25スプラインのデフォルトの描画で抽出される点の最初の数
    SplineDotsNone曲線の補間点や制御点を描画するスタイル
    MaxBend10.適応型の描画を使ったときの連続した区間の間の最大角度
    SplineDivision20.滑らかな曲線を生成するために使う下位区分の最大量

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

In[1]:=
Click for copyable input

4つの点で制御されるベジェスプライン:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

4つの点を通過する三次スプライン:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

6つの点で制御される合成ベジェスプライン:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

6つの点を通過する三次スプライン:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »