SplineDots

バージョン7.0現在で,スプラインパッケージの機能のいくつかが Mathematica カーネルに組み込まれている.


Splineのオプションであり,点のスタイルを指定する.

詳細詳細

  • を使うためには,まずスプラインパッケージ をロードしなくてはならない.それにはを実行する必要がある.
  • SplineDots->style は,与えられたグラフィックス指示子,あるいは指示子のリストで点を描画するよう指定する.
  • SplineDots->Noneは各スプラインの制御点に何も表示しないよう指定する.
  • SplineDots->Automaticは各点に赤い点を置くよう指定する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

In[1]:=
Click for copyable input

ベジェスプラインは端点だけを通過する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

3次スプラインはすべての点を通過する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »