SplineFunction

バージョン7.0現在で,スプラインパッケージの機能のいくつかが Mathematica カーネルに組み込まれている.


曲線を指定された domain のパラメータでパラメータ化するSplineFit関数により生成されたスプライン関数を表す.パラメータ値が引数として与えられた場合,曲線上で対応する点を返す.

詳細詳細

  • を使うためには,まずスプラインパッケージ をロードしなくてはならない.それにはを実行する必要がある.
  • SplineFit[{pt1, pt2, ...}, type]で生成されたオブジェクトはパラメータ値 0が に,1が にという風に対応するようパラメータ化される.
  • サポートされるタイプはCubicBezierCompositeBezierである.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

In[1]:=
Click for copyable input

ベジェスプラインを4つの点の集合にフィットする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

の終点はもとの点に対応する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »