標準大気パッケージ

AtmosphericPlot[property]高度を縦軸として指定の特性を横軸にプロットする

大気特性のプロット

このパッケージは米国標準大気の特性が高度に伴いどのように変化するかを描くプロットをサポートする.

パッケージをロードする.
In[1]:=
Click for copyable input
音速は高度が増加しても単調には減少しない.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
粒子速度は高度が増加しても単調には増加しない.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

大気の特性

さまざまな大気特性は高度の関数としても扱える.これらの関数には単位パッケージで定義されている単位が使用できる.

5kmにおける平均の粒子速度.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »