QuantilePlot

バージョン8.0から,QuantilePlotは組み込みの Mathematica カーネルの一部になった.


実数値ベクトル からQQプロットを生成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • を使うためには,まず統計プロットをロードしなくてはならない.それにはNeeds["StatisticalPlots`"]を実行する必要がある.
  • は2つのベクトルの互いに対する経験分位点をプロットする.
  • はまず,短い方のデータを並べ替え,長い方のデータリストでの同等の位置に補間する分位点を決定する.
  • データ集合の長さが等しい場合,は互いに対するソートされたリストのプロットと等価のものを生成する.
  • Graphicsと同じオプションを取るが,次のような追加・変更がある:
  • AxesTrue軸を描画するかどうか
    PlotMarkersAutomatic点のマーカー
    ReferenceLineStyleAutomatic基準線のスタイル
  • オプションReferenceLineStyleに有効な設定はNoneAutomatic,スタイル,スタイルのリストである.
  • 基準線には単位傾斜がある.プロット上の点がほとんど基準線上あるいはその付近にある場合,分布はほぼ等しい.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »