CAssign


代入文の記号表現である.

詳細詳細

  • SymbolicCの式は不活性である.これらの式は未評価の形式のままで自らを評価して返す.
  • SymbolicCの式は,ToCCodeStringを使ってCの文字列に変換することができる.
  • 割当ての右辺はリストでもよい.これは配列を初期化する際に便利である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

SymbolicCを使うには,まずパッケージをロードする必要がある:

In[1]:=
Click for copyable input

これは基本的な割当てである:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

以下ではで示される位置を10に割り当てる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

これは変数を宣言して割り当てる:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

別の演算子を使うことができる.以下では,5をに加え,結果をに割り当てる:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

右辺の値のリストを返すことができる.これは,配列を初期化する際に便利である:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »