CUnion


共用体の記号表現である.

CUnion[name]
内容を指定せずに共用体を宣言する.

CUnion[None, members]
共用体に名前を与えない.

詳細詳細

  • SymbolicCの式は不活性である.これらの式は未評価の形式のままで自らを評価して返す.
  • SymbolicCの式は,ToCCodeStringを使ってCの文字列に変換することができる.
  • 共用体のメンバは,リストあるいはCDeclareで指定することができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

SymbolicCを使うには,まずパッケージをロードする必要がある:

In[1]:=
Click for copyable input

共用体を作成する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

CDeclareを使って共用体のメンバを宣言することができる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

Noneの指定を使って,共用体の名前を省略することができる:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

不完全な型をtypedefと一緒に使うことができる:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

構造体の内部に共用体をネストさせることができる:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »