C関数

SymbolicCは,このセクションに記載されているようなC関数の使用をサポートする.

関数の定義

まずパッケージをロードしなくてはならない.

In[7]:=
Click for copyable input

C関数をCFunctionを使って作成することができる.

In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

型の限定子が必要な場合は,型の指定としてリストを与えることができる.

In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=

関数の呼出し

まずパッケージをロードしなくてはならない.

In[7]:=
Click for copyable input

C関数をCCallを使って呼び出すことができる.

In[12]:=
Click for copyable input
Out[12]=

標準の数学演算子

まずパッケージをロードしなくてはならない.

In[1]:=
Click for copyable input

SymbolicCはさまざまな種類の標準的なCの数学演算子を提供する.これらの演算子は,下に示すような関数の呼出しを生成する.

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

標準の数学演算子の中には,対応する Mathematica 関数がないものもある.この場合は,以下に示すように,文字列が使われている.

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

標準の数学演算子の完全リストを以下に挙げる.Mathematica における名前と出力されるCの名前を示す.

ArcCosacos
ArcSinasin
ArcTanatan(1つの引数)
ArcTanatan2(2つの引数)
Ceilingceil
Coscos
Coshcosh
Expexp
Absfabs
Floorfloor
"frexp"frexp
"ldexp"ldexp
Loglog
"log10"log10
"modf"modf
Powerpow
Sinsin
Sinhsinh
Sqrtsqrt
Tantan
Tanhtanh

Mathematica 関数の名前とそれに対応する標準的な数学関数.

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »