ArcLengthFactor

バージョン9.0で,ベクトル解析機能は Mathematica に組み込まれた


デフォルト座標系のパラメータt についてパラメータ化された曲線の座標で記述される曲線の弧長の導関数を与える.


座標系 coordsys の曲線の弧長の導関数を与える.

詳細詳細

  • を使うためには,まずベクトル解析パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["VectorAnalysis`"]を実行する必要がある.
  • パラメータ化された曲線の座標は,指定された場合は coordsys において,それ以外の場合はデフォルトの座標系において与えなくてはならない.
  • パラメータ化された曲線の座標が与えられていない場合は,coordsys にデフォルトの座標変数が使われる.
  • Integrate[ArcLengthFactor[{f1, f2, f3}, t], {t, t1, t2}]によって記述された から までの弧長を返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

In[1]:=
Click for copyable input

螺旋の弧長の導関数を見付ける:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

t=0から t=20までの螺旋の弧長を計算する:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »