Curl

バージョン9.0で,ベクトル解析機能は Mathematica に組み込まれた

Curl[f]
デフォルトの座標系におけるベクトル場 f の回転 を返す.


座標系 coordsys における f の回転を返す.

詳細詳細

  • を使うためには,まずベクトル解析パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["VectorAnalysis`"]を実行する必要がある.
  • ベクトル場 f は,各要素が適切な座標系の座標の関数であるような3要素のリストでなければならない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

In[1]:=
Click for copyable input

ベクトル場の回転を計算する:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ベクトル場が渦なしとなるパラメータ値を求める:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »