Grad

バージョン9.0で,ベクトル解析機能は Mathematica に組み込まれた

Grad[f]
デフォルトの座標系におけるスカラー関数 f の勾配 を与える.


座標系 coordsys における f の勾配を与える.

詳細詳細

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

In[1]:=
Click for copyable input

直交座標での関数の勾配:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input

DSolveを使ってもとの関数を回復する:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »