ToSymbolicXML

ToSymbolicXML[expr]
expr を適切なXML形式に変換し,結果を記号的なXMLとして返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • を使うためには,まずNeeds["XML`"]を使ってXMLパッケージをロードする必要がある.
  • FromSymbolicXMLと逆の動作を行う.
  • ファイルへの出力なしに記号的なXMLを生成するにはを使う.記号的なXMLが生成されたら,それをExportを使ってファイルに書き込むことができる.
  • 使用可能オプション:
  • "ExpandRawXML"AutomaticRawXML文字列フラグメントを変換するかどうかの設定

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

In[1]:=
Click for copyable input

対応する記号的なXMLで返された式

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[1]:=
Click for copyable input

ExpressionMLを表す記号的なXMLを返すノートブック式結果:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[1]:=
Click for copyable input

ラッパーで囲まれた生のXML文字列部分の変換をコントロールすることができる:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

(オプションのデフォルトの設定AutomaticTrueに等しい)

次は,テキストXML部分を記号的なXMLに変換するためのImportStringとは別の方法である:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »