XMLGet


の内容に対応するXML式の木を返す.


ファイルのパースに初期化済みXMLParserオブジェクトを使う.


URLから読み込む.

詳細とオプション詳細とオプション

  • を使うためには,まずNeeds["XML`"]を使ってXMLパッケージをロードする必要がある.
  • これはImport[file, "XML"]に似ているが,初期化済みのXMLパーサを取ることができる.
  • 使用可能オプション:
  • "NormalizeWhitespace"True要素の前後および内部の複数のホワイトスペースを削除するかどうかの設定
    "IncludeNamespaces"Automatic明示的に名前空間を含むかどうかの設定
    "ValidateAgainstDTD"AutomaticDTD内容モデルに対して妥当性検証を行うかどうかの設定
    "IncludeEmbeddedObjects"Noneコメントと処理命令を含むかどうかの設定
    "AllowRemoteDTDAccess"Trueネットワーク上でDTDを探すかどうかの設定
    "ReadDTD"TrueDTDを読み込むかどうかの設定
    "IncludeDefaultedAttributes"FalseDTDで定義されているデフォルトの属性を明示的に含むかどうかの設定
    "AllowUnrecognizedEntities"AutomaticDTDで定義されていない実体をエラーと見なすかどうかの設定
    "PreserveCDATASections"Falseインポートの際に,CDATA部分と通常の文字データの間の区別を維持するかどうかの設定

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

In[1]:=
Click for copyable input

ファイルを作成する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

はファイルの内容をXML式として返す:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
In[1]:=
Click for copyable input

HTTPを介してデータを取得する.次の式は株価情報を取得し,そのデータを記号的なXMLとして返す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »