XMLParser


ルート要素root を持ち,DTD に対応するXMLドキュメントに対して,InitializeXMLParserによって作成されたパーサオブジェクトを表す.

詳細詳細

  • を使うためには,まずNeeds["XML`"]を使ってXMLパッケージをロードする必要がある.
  • パーサオブジェクトは,DTDの再ロードを防ぐためにXMLGetXMLGetStringで使用できる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

In[1]:=
Click for copyable input

MathMLパーサを(ロード済みDTDを使って)初期化する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

パーサを使い終えたら,ReleaseXMLParserを使ってリソースを開放する:

In[3]:=
Click for copyable input
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »